パナソニック レッツノート SX1 レビュー 特徴

サイトマップ
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド Panasonicレッツノート
パナソニックレッツノートの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、パナソニックレッツノートSX1シリーズのレビューを掲載しています。
パナソニック Let'snote
パナソニックレッツノートSX1レビュー
12年春モデルのレッツノート発表記念イベントに参加して、新モデルSX1に存分に触ってきました。ここではSX1の特徴・使用感などについて詳しくレビューしたいと思います。

SX1は、12.1インチ液晶を搭載したコンパクトノート。同じ12.1インチ液晶を搭載したモデルとしてNX1が用意されていますが、NX1が光学ドライブ非搭載なのに対し、SX1は光学ドライブ搭載モデルとなっています。

パナソニック レッツノート SX1レビュー
SX1レビュー
SX1では、従来のモデルであるS10に比べて、約30%の薄型化を実現しました。これまでレッツノートといえば分厚かったのですが、今回のSX1は、極薄!とまではいきませんが、従来に比べてスリム化されました。

それでいて、
・高さ76cmから落下させても壊れない
・100kgf加圧振動試験にパスしているため、満員電車でも安心
という、従来モデルと同じタフさも確保しています。
 SX1薄型化
このスライドの下の方にS10とSX1の比較がありますが、S10がずんぐりむっくりなのに対し、SX1はスリム化されているのがわかります。
 SX1
薄くなったので、すごく持ちやすいですね。かばんからの出し入れもしやすくなっています。
ボンネット構造
またレッツノートの代名詞である天板のボンネット構造も、従来より厚みがなくなりました。以前のモデルでは、ボンネットが際立っていましたが、このSX1ではなだらかになっているのがわかります。
ボンネット
すごいのは、これまでのモデルよりもボンネットの厚みを薄くしつつ、一部分のみを補強することで、従来と同じ強度を保っている点です。
持ってみたSX1レビュー
SX1レビュー
横にいた担当者にSX1をもってもらいました。非常にコンパクトなのがわかります。
 SX1
またデスクトップ並みの19mmのキーピッチを確保しているため、非常に打ちやすい。快適に入力作業を行うことができます。
キーボード
ブラインドタッチも問題なく行うことができます。
リーフ
キーボードは、キーの左上と右下の角に丸みをつけたリーフ型キーボードを採用。指がひっかかりにくくなり、打ちやすさが向上します。実際に入力操作をしてみましたが、すごく打ちやすいですね。
キーボード
ファンクションキーは小さめですが、上の方にいくにつれてちょっと高くなるよう設計されており、より押しやすくなっています。ただ、半角/全角キーが左から2つ目に配置されており、通常のキーボードと異なる位置にあるので、慣れるまでは注意が必要です。
パナソニック レッツノート SX1レビュー
頻繁に使用するAlt+半角/全角キーの操作はこんな感じになります。
シェル型ドライブ
光学ドライブは、レッツノート独自のシェル型を採用。開閉スライドをずらして、フタを上に持ち上げるタイプです。
SX1液晶
液晶は12.1インチを搭載。光沢なしのノングレアパネルを採用しています。光沢ありのグレア液晶と比べるとビビッド感がありませんが、照明などの映り込みが発生しないため、使い勝手はいいと思います。
映り込み
斜めから見ても映り込みが発生していないのがわかると思います。
最大解像度
このSX1でjは、12.1インチというコンパクト液晶でありながらも、1600×900ドットという最大解像度を実現。これまでのモデルよりも広い表示領域を確保できるため、複数のウィンドウを並べて表示できるようになり作業効率がアップします。
画面
パナソニックのHPを表示したところ。表示領域がすごく広いのがわかると思います。また表示自体もすごく綺麗ですね。文字のにじみもないし、動画もメリハリがあってとても鮮明です。
解像度
Webカメラ
またWebカメラも搭載されました。
カメラ
会場では、Webカメラのデモも実施されていました。これで離れた場所にいる人とビデオチャットすることが可能です。
液晶
液晶は、本体と水平になるまで傾けることができます。
天板カバー
SX1では、かんたんに取り外すことのできる天板カバーが用意されています。用意されているカバーは、ブルー、レッド、ホワイトの3色。気分を変えたいとき重宝しそうです。
パーツ
会場には、分解したパーツも展示されていました。
頑丈設計
シェルドライブの構造を簡素化することで、より強度の高いマグネシウムをケースに採用できるようになり、薄型化を実現できたそうです。
薄型化
AC
                    アダプタ
SX1では、通常のACアダプタのほかに、ミニACアダプタも標準で同梱されるようになりました。これにより、家での充電では通常のアダプタを使用し、鞄には常にミニアダプタを入れておくという使い方ができるようになります。これならアダプタの入れ忘れも防げるし、アダプタ自体も軽くなっているので持ち運びも楽です。これは、ユーザーからの声に対応する形で実現したそうです。
SX1ミニACアダプタ
左がミニアダプタ(約110g)、右が通常のアダプタ(約200g)です。ミニアダプタの方が一回り小さく、重量も軽くなっています。
ACアダプタ
すごくコンパクトですね。
アダプタ
通常のACアダプタは、常に充電可能ですが、ミニACアダプタの場合、電源オフ時のみ充電可能という制限があるので注意が必要です(スリープ状態、休止状態でも充電可能)。
バッテリ
SX1に装着できる2種類のバッテリも展示されていました。写真の上が軽量バッテリーパック、下が標準バッテリーパックです。モデルに応じて、標準で付属するバッテリーが異なります。スタンダードモデルでは両方のバッテリが標準で付属しますが、エントリーモデルでは軽量バッテリーパックしか付属しません。

標準バッテリを装着した場合、約16〜17時間駆動可能です。これだけ駆動してくれれば、外出先でバッテリの残量を気にする必要がないですね。

軽量バッテリーパックの場合、約8〜8.5時間の駆動が可能です。より軽い構成で、外出先でそれほど長時間使用しない場合には軽量バッテリーでも十分だと思います。


 SX1バッテリ比較
上のモデルが軽量バッテリを装着したレッツノート、下のモデルが標準バッテリを装着したレッツノートです。標準バッテリを装着すると、ちょっと奥に出っ張る形になるのがわかります。
あと興味深い機能として、パソコンの電源オフ時でもUSB接続することでスマートフォンを急速充電できる機能が挙げられます。レッツノートのバッテリは大容量ですから、こうした蓄電池としての活用法もいいですね。対応機種などについてはパナソニックのWebページを参照してください。
SX1高速起動
SX1にはSSD搭載モデルが用意されており、高速起動が可能です。前のモデルS10では電源オフから約12秒で起動しましたが、SX1では約9秒で起動可能とのこと。この展示では、SX1のSSDモデルが用意されており、横にストップウォッチがあって起動時間を計測することができます。しかし、電源オフから9秒で起動できるっていうのはすごいですね。「起動したいな」と思ったときに高速起動できればストレスなく作業できますから、これは重要だと思います。次の動画で高速起動を確認してください。
My let's倶楽部 SX1レビュー
レッツノートの直販サイトであるMy let's倶楽部では、シルバーだけでなくブラックカラーのボディも選択できます。また天板のカラーリングも多彩です。あと店頭モデルよりも、高性能なCPUが選択できたりするのでレッツノートを検討している方は一度アクセスしてみることをおすすめします(「レッツノートを直販で購入するメリット」もチェック)。
SX1 プレミアム
これは、ブラックカラーのSX1。店頭モデルではCPUにCore i5しか選択できませんが、My let's倶楽部ではCore i7を選択でき、よりパワフルな構成に仕上げることが可能です。
SX1レビュー
キーボード部分もすべてブラックなので、スタイリッシュな印象を与えますね。
 SX1レビュー
マシンの性能を示すWindows エクスペリエンスインデックスの値を使ってパフォーマンスを確認してみました(各項目の最高値は7.9)。会場に展示されていた3つの異なるモデルでチェックしています。

上の写真は、インテルCore i5プロセッサ+HDDの構成。
 SX1
上の写真は、インテルCore i5+SSDの構成。
パナソニック レッツノート SX1レビュー
上の写真はMy let's倶楽部のみで購入可能なインテルCore i7+SSDの構成です。
 SX1レビュー
【まとめ】
レッツノートSX1に触ってみた感想は次のとおり。

・非常に軽い。最も重い構成でも1.4kg程度。
・薄型化されており、以前のモデルに比べてスタイリッシュになったほか、かばんからの出し入れもスムーズに
・最大解像度が引き上げられ、表示領域が広くなった
・通常のACアダプタに加えてミニアダプタを標準で装備しているのは便利
・標準電圧版Core i5を搭載でき、高いパフォーマンスを発揮

以上のとおり、SX1は、外出先で頻繁に使用するヘビーユーザーのニーズに応える仕上がりになっています。問題となるのは価格ですかね。 一番安いエントリーモデルでも16万5,000円程度するので簡単には手が出せないのも事実。でもこれだけ高機能を詰め込んでいるので価格が高くなるのは仕方ないかな。価格よりも性能、堅牢さ、軽さ、バッテリ駆動時間を重視する人にお勧めです。
インデックスへ 次のレビューへ
Let's note SX
最新モデル
直販サイト(My Let's倶楽部)をチェック!
おすすめネットショップでチェック!
Yahoo!ショッピング 楽天市場 ビックカメラ icon
秋冬モデル10%オフキャンペーン!
13年秋冬モデルを10%オフでゲットできるお得なクーポンプレゼント中。詳しくは、秋冬モデル10%オフキャンペーン(レッツノート公式ページ)を参照してください。
【対象機種】2013年秋冬モデル 全機種
【対象期間】11/27 13時まで
レッツノートSX1レビュー インデックス
特徴
SX1の各パーツをチェック
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド